Strail

昨日は静岡県にあるStrailに行って来ました。会員制のフィールドですがダウンヒルバイクで楽しめる、ジャンプありのかなり上級コースのあるところです。

バイクのインプレで一度来てはいましたが、全貌も知らずにいましたので全てを案内してもらい改めて、凄いコースだと感心しました。と、共に怪我のリスクもしっかりと意識するとプロテクターとフルフェイスも必要です。

生憎の雨なのと、スケジュールを教えて午後のみに集中して僕は見てるだけ笑

しっかりと走り込ませて来ました。

帰国しました

沢山の方々にご協力を頂き、1週間と言う短期間ですがギリシャ遠征に行って来ました。

時差はマイナス7時間で天気は海に近くて、風が強いですが陽が出るとわりかし暖かい気温ですが、海外にきて寒いとは少し残念な感じです。

フェデレーションカップと言うXCCがあり、2日間開催となるレースでした。

女子30分男子40分で、海外あるあるの時間はズレて20分推しスケジュールでしたが、試走時間も2回あってシクロクロスのナショナルチャンピオンシップも併催でした。

両日共に優勝出来ました。ポイントはクラス3ですので、少ないながらも10ポイントの2回ですから20ポイントゲット!

僕は隙を見てですので、女子のレース後直ぐにスタートの出走。ガイジンは僕と娘だけですので、アウェー感満載ですがコミッセールも僕だけにわざわざ英語で説明してくれて、ゴーサインも当然英語でした。ノーアップ、ノーUCIポイント。2日目こそ、ゴールスプリントして接戦負けの7位。

オーガナイザーやギリシャ車連の方々も来月の大会も是非来てね。案内するからと、良くしてくれてます。海外レースの醍醐味は色々ありますが、こう言った人との親切な事も大事な文化ですね。

今回のレンタカーは、スコーダのコンパクトカーでした。2人でバイク2台とバック2つがギリギリ乗りました。

ギリシャはヨーロッパですので左ハンドルのマニュアル車が定番。路肩の白線よりも寄り気味で、センターを開けるスタイルが定番で急いでる車は抜いていきます。

ロータリーは少ないですが、それでもあります。一時停止から進入して、順番に進入後に出たいところでウインカー上げて出ます。クラクションはあまり鳴らすことが無いです。

写真撮り忘れましたが、エンジン回転数が高いと2速から4速。下手すると5速に入れなさいと。表示されます。ナイス情報ですよね?

こんな羊の大群も。

昨夜深夜に家に着き、今朝から通常モードでスキーしています。

ギリシャ遠征

ギリシャに無事到着して、快適な2日目を過ごしています。飛行機はいつもの最速なチェックインを果たし、飛行機では奇跡的に3列シートで横になって過ごせて、レンタカーの手続きに時間がかかる感じでしたが…。

宿はホテルでは無くて、アパートメントタイプでオーナーが分かりにくいからと近所のスーパーで待ち合わせしよう!と言う事でしたが、Wi-Fiが繋がらないと音信不通になるから時間だけ伝え、現地へ。車の情報も伝えてあったから、あとは運任せですが海外あるあるだからひたすら待つのみ。現地までもジャンクションわかりにくいので、反対方向に進んだり無駄に通行料金払ってしまったりね。予定よりも40分も遅れて到着。スーパーで買い出しして、更に待つ事20分。彼はやって来て無事にチェックイン。

そして、翌日の2日目は会場まで自走です。

ギリシャらしいバラボローナと言う世界遺産をキャッチ!

お昼はパン屋で3€で時間的に値引き時間でおまけしてくれました。

海も近いので、海岸沿いを走りました。舗装路が主要道ですが、海を見たいならやはりマウンテンバイクが快適。

コースはこんな感じで、迷います。

遠征続きます!

東海クロスにJCX開催と言う事で、愛知牧場で今年1発目のレースに出場してきました。駐車場はいつもの場所から離れた場所だ…。と思いましたが、少し坂はありましたが、距離的には遠く無くて一安心。クラブの子の走りをチェックしてあげたり、受付まで犬の散歩がてら行くと知り合いだらけで1時間かかってゼッケンを受け取るルーティンはお決まりです。

レースの前日には、ウェイブワン様より冬用ジャージを受け取りましたので、新品で試走へ。気を引き締めてコースチェックして来ました。

©︎iwashiman

スタートは100名オーバーのライダーが集結して、3列目スタート。スタートでするりと抜けて、10番手で好位置!さらに上を狙いながら走るも久しぶりのレースでは、中々感覚が鈍くて少し失速気味に。

中盤から盛り返して、集団にドッキングしたり何とか突き放したりとラインを変えながらペースアップに。

後半は、疎らなライダーをキャッチアップしながら大歓声の応援にテンションはあがります!ラスト3周からはカウントダウン。後方では何となく聞こえる足切りのアナウンス。

ラスト2周も何とか通過。

もうもう坂では足切りされるかも?と言う知らせを知るもあえなく遮断されレースは終了。

19位でゴールでした。沢山の応援と色々な方にお会いできて嬉しかったです!

そして、慌ただしく本日はバイクパッキンして、遠征です。

1st Race!

今朝も自転車バリバリ乗って、人工雪を降らせる中作業しながらスキーして、日暮から日没となり自転車乗って帰宅。夕食を食べて、ドライブして名古屋へとやって来ました。

明日は2020年の本年度1発目のレースで、JCX愛知牧場へと参戦します。自宅に戻り、翌日の月曜日には、機材を入れ替えてギリシャ遠征となり正月あけからは、超慌ただしくここ最近は睡眠不足で何とか3日間を過ごしました。

練習と言う感じには、メニューをこなしてませんので、明日のレースで優勝は無理な話ですけど、誰よりも楽しみたいと思ってます。

但し、身体は動かしまくる毎日ですし、スキーを滑る時に使う左膝の古傷に筋力が追いつかなくて、ポンピングされてますので幾分か違う走りは出来そうです。

会場にお越しの皆さん、一緒に盛り上がりましょうね!

通常モードへ

日の出から日の入まではパノラマで活動してスキー三昧。

救急搬送の為のアキヤボードも慣れてきて、5回ほど動かしてます。

朝のゴンドラは、マウンテンバイクでは乗る事の無いラッキーゴンドラに乗ったりとしてます。シートは少しゴージャスなのをご存知でしたか?

そして今年一発目のロングライドに行って来ました。とどめの1時間半が小雨でしたが、根性論の過去に4時間もずぶ濡れやツララが出来る程頑張って走っていた時よりは、かなりマシでした。

今日も乗る予定でしたが、遠征手配やらとバイクメンテナンスをして、ノーライドに。塩カルでやられそうなバイクを2台洗車とブレーキのブリーディングをしてすっきりしました。

夕方は、調子が悪くなったトゥーラン君をチェックしてもらいましたが、やはり車庫入りとなりました。明日には仕上がるそうで、一安心です。

A happynew year!

あけましておめでとうございます。本年も変わらずよろしくお願いします。

マウンテンバイクが面白くなり毎日駆け巡り、気がつけば31年が!好きな事を周囲そっちのけで自由にやりまくり、海外遠征まで当たり前にする様になりました。今でもほぼ変わらなく、飽きられる程自転車三昧な日を過ごしてます。

2、3年前のアメリカ遠征が、人生の中で最後か?なんて思っていたら、ベルギー遠征がはじまり昔サポートでお世話になったランジェットさんに娘がお世話になり、マレーシアに行けば日本に憧れるライダーやダウンヒルライダーの万国共通なパーリィーピーポーと弾けたり八幡浜に来たライダーと夕食行ったり、アメリカも再び遠征予定を立てて稼いだ数少ない資金を全て投資してしまう事は変わりありません。海外遠征の流れは止まらずにパスポートも10年更新となりました。

子供が本格的カテゴリーになり、幼少期に自分がしてもらえなかった親父との時間をなるべく作る事が今になってとても良かったと思っています。

イチドンは、昨年度はUCIポイントをなるべく多く獲得して、アメリカ遠征でショートトラックで世界のスピードを把握させ初戦は優勝のポジションまでいたのに落車。翌週は、シングル率が高くてポジション取りに上手く行かずにそれでも5位。XCOは大落車で勝負にならず。国内戦は、初戦に救急搬送のドクヘリだったけど、八幡浜で復活の快進撃。そこから全日本とアジアチャンピオンになるも完全燃焼してしまい、世界選手権は積み上げたポイントで13番スタートの2列目スタートで過去に例が無い好条件を生かせずに、さらに体調を崩してマイナスラップで終了。

リナは、初のエリートクラスにメタメタにされながらスイスに留学すると別人の走りに。全日本とアジアチャンピオンのダブルタイトルに加え、プレオリンピック大会では日本人最高位で世界に順応できる技術を習得している事をみせてくれました。

教えるよりも、やって見せる。必要最低限の仕事しかしない親としては最低だし、買って与える事は出来ないけれども一緒に過ごす時間はどこの家庭よりもあって、大切な事を感じ取る事はできています。自分の欲しいものは、バイトしてやりくりをする。もちろん、携帯代も自分達でやり繰りを?ってのが松本家のスタイル。

レース参加も応援する!サポートする!お互いに支え合う。と言う事で、レース後はガッカリする結果でも文句は無いのは、レースを出るからには最後まであきらめずに走る。文句を言うくらいなら、やらなきゃいい。でも、とことん目標に向かわないと楽しくない。その場を頑張る事を楽しむのをいつの間にか身についてました。

今年はオリンピックイヤーとなり、アジアチャンピオン、全日本チャンピオンの連覇がかかっています。一方で僕は海外遠征のサポートと国内レースを走りつつも、チームの取りまとめをしなくてはなりません。もちろん、予備軍のクラブチームの指導やクラブを越えての交流や新人発掘も。

今年一年もより多くの方々を巻き込んで、助けていただき応援をしていただかなければなりません。引き続き、どうぞ宜しくお願いします‼︎‼︎