ツアーライド

岐阜県多治見市のバイクエイトさんがプライベートツアーで案内をして来ました。かれこれ4回(年1ですから4年も?)ご案内してますが、登り少なめのスピードもほぼ出ないトレイルをライドして来ました。

紅葉も見頃を迎えて心地良い気候に。紅葉(もみじ)並木も色のグラデーションがあって綺麗でした。

次はスノーライドになるのかな?ご依頼があればご案内しますので、お気軽にご連絡ください。

幕張クロス写真


シクロクロス専属カメラマンのFABtroni+cameraさんより、先日のレース写真を送っていただきました!臨場感あふれる写真をどうぞお楽しみください。

 

次戦はJCX飯山戦となります!

幕張クロスレースリポート

©︎Kouji Okamoto

期日:2019年11月3日 会場:千葉県海浜幕張MTBコース

天候:晴れのち曇り 気温3度 コース状況:ドライ

機材

バイク:SCOTT/アディクトCX10

メインコンポーネント:SHIMANO/GRXDi2

ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros

タイヤ:IRCTIRESRAC EDGE70032タイヤ(1.6bar)

ホイール
シマノ・デュラエースWH-R9170-C40

ヘルメット:OGK kabuto ZENARD-EX/

サングラス:OAKLEY /SUTRO

 

マウンテンバイクシーズンから十分すぎる休息期間が空いてしまっていた。空白の1ヶ月は、レースがしたいという気持ちが湧き上がらず、浮き沈みしながらも自分の中では今シーズン開幕となる幕張クロスへと参戦した。申込みも例年の勢いはなく、ギリギリで迷いながら申し込んでも余裕でエントリーする。勢いに任せることも、重要なモチベーションへの一歩となる。幸いして、そのひと押しがあれば加速していくことは間違いないのだが・・・・。

場所は、サイクルモードと併催となる幕張クロス。例年は暗闇で駆け抜けたスターライトだったが、今年は日中開催となった。久しぶりにブースを構え、ファンとの交流も増えるのは当然で訪れてくれる人からエネルギーを貰い、受付に行くまでで様々な人に合うので1時間が経過。アップ中ももはや保護者の集まり化してくる嬉しい同世代の子供を持つ方との交流もあるので、立ち止まることも。参加賞にはサイクルモードのチケットがあるので、足を運ぶことも出来たがレースに集中することに専念して、レースを迎えた。試走時でシケインで通過する際に右膝裏を強打するハメに。しばらくうずくまり、安静にすると良くなったので張りがあるけどレースに出場する方向で進めた。

©︎Kouji Okamoto

足の打ったところは気になるほど痛みはなかった為に、出走コールを得てスタートラインへ。2列目スタートからレースはレッドゾーンへと突入させたいが、ペダルをうまくはめることが出来ずに埋もれてゆく。スタートは左右に振られながらも、ど平坦であるのでみんなが元気がいいのは当然。焦りと久しぶりのレース感とコンポーネントのGRXの新規機材投入でギアの感覚に戸惑いながら進んだ。登り返しが数回あるところで少しづつ順位をジャンプアップ。ところが、前方の選手が難所である登り返しでスムーズに行けないのにもかかわらず登れずに完全にコースを塞ぐ形で急坂ストップ。その反動で後ろも追突が起きてしまい、後輪のエアーも漏れてしまった。オマケに小さな斜めに進むキャンバーでも同ライダーに塞がれてしまい、大きく後退。すぐさまバイクを交換し、40位程からレースは始まる。半周でピットからバイクレギュラーバイクに戻して、再びリベンジスタートする。

©︎Kouji Okamoto

徐々に慣れてきたところでペースも上がり、元の位置までに3周程で復帰。ついついフロントシングルであることを忘れて左手のシフターを動かしてしまう。前方とのライダーの距離感を見つつ自分のスピードが遅く無いか?ライン取りがどうかを考えていると腰も痛くなりはじめてキープすることが精一杯になってきていた。
集団パックとなるが振り切るようにペースを上げた。無駄に強弱のあるトラブルメーカーの先ほどのライダーに追い抜くが再び同じシーンを再現されるが、冷静に抜く。はじめのポジションまで戻ったので、次は80%に降ろされないようにギリギリでも通過することだった。

©︎Kouji Okamoto

応援の中で、聞こえるタイム差。明らかに立ち上がりの速度感が変わり、ライン取りとギア比が違ってきてレースでの加速感でパフォーマンスが上がっていた。微かに聞こえるホイッスルや場内アナウンスは聞き取れない。とにかくペースを上げることと、順位を完走するまでのポジションまで進むことだったが、ラスト2名前からラップアウトに。10秒ほどまで届かずに完走出来ずレースが終わった。

次戦は飯山CXとなります。応援よろしくおねがいします。

 

松本駿

 

SCOTT BIKEShttp://scott-japan.com

FOX RACING SHOX http://www.ridefox.jp/

SHIMANO http://www.shimano.com/

OAKLEY http://oakley.jp/

WAVE ONE https://www.wave-one.jp/

iPran http://www.iplan-inc.co.jp/

POWERPRODUCTION http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/intro.htm

TERZO http://www.piaa.co.jp/category/4rin/carrier/cyclecarrier/

TOPEAK http://www.topeak.jp/

TIOGAhttp://www.tiogajpn.com

POWERBAR http://www.powerbar.jp/

FINISHLINE http://finishline.jp/

ERGONhttp://www.ergon-bike.jp

FUJIMIPANORAMA http://www.fujimipanorama.com/summer/index.php

FEEDBACKSPORTS  http://www.mizutanibike.co.jp/brand/detail.php?cd=45

SAKO7socks:https://cyclingwear.jp/sako7/

FDA(フジドリームエアライン)https://www.fujidream.co.jp

DTSWISShttps://www.dtswiss.com/

Brytonsports http://www.fukaya-nagoya.co.jp/brand/bryton/

OGKkabutohttp://www.ogkkabuto.co.jp

IRCTIRE:https://ircbike.jp

DoctorAIR:https://www.dr-air.com/jp/ja/
チームオフィシャルブログ:http://teamscottjapan.blogspot.jp

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN

SHIMANO GRX

シマノさんより、グラベルロード向けに販売となりました、GRXが販売となっていますが市販品が届きました!

シクロクロスレースが今週末より始まりますが、幕張クロスより参戦するのですが、テストも兼ねて使用予定です。フロントシングルで、リアカセットはマウンテンバイクのXTです!

リアディレーラーは、スタビライザー付きです。

ブラケットは、デュラエースより少しデカ?いや、同じでブレーキレバーが指の当たる面積が大きくなってます。

クランクは流行りのシングルギヤでナローワイド。

テストライドが楽しみです!

やはり、新しいのはテンションあがります!

パワープロダクション!

久しぶりの更新となりましたが、毎日が平凡に過ぎて行く日々…。雨の日以外は、パノラマまで自転車通勤でゴンドラ乗ってダウンヒルして自転車三昧なんですけどね!

さて、グリコさんより回復系のゴールドのエキストラアミノアシッドプロテインと筋肉をつけるためのタンパク質含有量が94%と高い低糖質のホエイプロテインの2種類をいつもチョイスしています。身体がとても疲れた感じにはエキストラアミノアシッドを。もりもり身体を使って動いた時はホエイプロテインを取っています。毎日、バリバリ動き回りパフォーマンスが変わらないのは、実はコレがあるからです!筋肉をつけるだけじゃなくて、栄養バランスも補ってくれるのでオススメですよ!

誰かの為に

5時起きから始まった昨日は、Mwaveで合宿しているイチドンの練習を見学からスタート。

少し前までは完全燃焼だった練習不足な筈のイチドンはバンバン先頭を引きまくり滑ってまして、一安心。学業を休んで氷上練習しまくってますので、頑張ってなきゃ困りますけどね。

さて、その続きは水害のあった千曲川の氾濫があった災害ボランティアに参加する為に、まずは問い合わせを。

長野市南運動公園、車があふれるほどのボランティアが集まり却下。次は飯山だ!と、初めから行く予定だったけど、既に受け入れが終了しそうで、ならば中野も?と、問い合わせるも200人以上が受け入れられないほどだったそうです。ちなみに、長野市は100人募集して、1,000人もボランティアが集まったそうです。

そんなこんなでしたが、行くだけ行って会うだけ会おう!と、行き先は変えずに飯山へと行って来ました。途中からは氾濫があった地域も茶色に変わり、被害の凄さを感じていきます。

1番被害のあったのは役場付近で、その深さは180センチもあったそうです。また、救助に当たってはメインストリートをボートで。千曲川の氾濫ではなく南側から集まってくる川の氾濫だそうで予想を超える雨量だったのが話伺えます。

I-nac時代にお世話になった服部先生とやりとり。水門を朝方3時まで作業したり、救助したりと、不眠不休状態の様で電話が引っ切りなしでいました。せっかくならと紹介していただき、ボラ活動をして来ました。浸水した物置を運び出して、土の洗い出し。作業の写真はありませんが、10人がかりで男女に別れて細かい洗い出しまでやりました。洗車機を使っては慣れていたから、レースの片付けと重なって見えてました…。

作業終了後は、斎藤亮くんが仕事から帰宅のタイミングで会いました。元気そうで、災害から直ぐに復旧しているそうで、JA中野でバリバリ働いているそうですよ。キノコ販売もあるようです。と言う事で?リンゴをいただきました。

ボランティア活動で感じる事多々ありますが、力に慣れるならと思う事は沢山いらっしゃるんですよね。実際には、人では沢山いて人力でやれば片付けが捗る事は確かです。振り分け作業との連携がとれてなかったりで、返されたボランティアの方も居たそうです。実際に街中は、人手が必要な人がひたすら作業されていました。他には今回知ったのですが、ボランティアセンターで手続きすると、高速代免除やガソリン代が支給されるそうです。この点もなんか負に落ちない点ですが、その費用は災害寄付金やら行政の費用だったりするので致し方ないのも確か。

まずは人の役に立っていられて、一歩前進ですね。

フジテン&展示会

パノラマパトロールとして、昨日は視察でふじてんに行っていました。パノラマとは別のスタイルで遊ぶ形で、個人的にも走った事はありますが既に3年も過ぎてました。仕事観点からも様々勉強になりました。

台風後の復旧作業に忙しく対応していただきました、ダイキさん。ありがとうございました。

そして、JISSに行ってJOC絡みのアスリート講習会を受けるリナの移動で車移動。災害回避で中央道と御殿場もしくは、津久井湖と相模湖の八王子ルート。もしくは、白樺湖、内山峠の関越にするか?後者ルートで今回は行きました。

行った先はマルイさんの展示会。

行ったら集まってしまう習性(笑

ご存知だとは思いますが左からオガ、レジェンド大竹さん、池田祐樹選手です。

その後も沢山の方々とお話して来ました。気になる商品情報は後ほどチームブログに紹介しますね。