滞在2日目

沢山の方々に感謝しながら、アメリカにやって来ました。入国審査もESTA所持やら、パスポート期限が半年を切っていたのですったもんだしましたが無事入国しました。

メンバーはGRMの次期エース上野くん、同じくGRMの荒川くんの姉がスタッフ兼任で参加。そして、チームスコットのメンバーです。

今回の遠征には、初のキャンピングカーの旅。空港から単身でピックアップに向かいましたが、タクシーの運転手さんのアクセルワークが悪すぎて酔いそうな感じに。おまけにスペイン語訛りの英語で、話しが聞き取りにくくて会話は一歩通行でほぼ会話ゼロ。

事無き得たら、キャンピングカーで空港に。大きめなのでバイクボックスも無事に積み込み遠征がスタートしました。当初の予定はレース会場の半分程までと思いましたが、場所が見つからずに結果的に会場まできて、湖のほとりまで来て、初日は終了。

翌朝は、バイク梱包を解いて最終的に積み込み会場へ。

試走して、走り終えてから一息つけばすぐ夕方でした。

広告

アメリカに行って来ます

2月から準備を進めていたアメリカ遠征に本日より出発します。

今週末の16-17に開催のuscupポネリパーク、22-24にはベイルレイクです。

共にUCIレースと言う事で、ポイントが重要視していますが、いきなりシーズンインですので状況把握と言う事で挑戦です。

様々な壁を乗り越える

とある大きなミッションをクリアして、次なるミッションに進みました。様々な情報、未来、経験値、プレッシャー、自信、やってくるタイミングも個人次第。僕の場合は今やって来た忙しくやって来た事、やりたかった事を一つずつ乗り越えていく必要があるのですが、自転車でしか感じていない事もコツコツとペダルを漕ぐといずれ達成する喜びの様に、今何となくではあるけど進みました。

それでも、やりたい事だからやってみる。自転車に乗る時は、段差を乗り越えたくともレベルによって降りてクリアする人も居れば、ジャンプして素早く通過する人もいます。

出来ない?と思う理由はなんなのか?壁となり、出来ないからと言う理由は何なのか?情熱だけでは出来ないのでは無く、やってみよう。トライしてみようと思い前進する事で、何かが得られると言う事を今更ながら実感しています。無駄に年齢だけ過ぎ去ろうとしている様に感じていても、ヒトこぎが積み重なり何時の間にかに頂上に来ていました。

来週にはアメリカ遠征が始まり、国内マウンテンバイクシーズンに突入します。一歩一歩を踏み出して、確実に進みますよ!

この勢い!

先週は、まとめて一気乗り!つまりは乗り込みの一週間となりましたが、その成果を感じ取るべく都内へご挨拶がてらのその前に、トレイルに行ってきました。前回と同じ場所をフィーリングの感覚を研ぎ澄ませて、登り返しでグイグイ行くってパターンに。単純ですが、このデータを元にって所もありますが、どう感覚が違うかを感じたい。というシンプルな課題。見事に成果を感じられまして、エクストリーム出社に。

午後からは一発目にウエイブワン様にご挨拶にお伺いして、ミーティングして終了。

終了後には、再び首都高でスコットジャパン様に行って、いろいろと2019年シーズンのミーティングでした。

そして、学生生活から勉強という学びの場が遠のいて、いつの間にか教える立場が多くなりました。自分の立ち位置も試行錯誤今現在も進行形ではありますが、何が自分のやりたいことなのか?それは、資格をとるという形だけでJBAのインストラクター、JMAのインストラクターとなり資格を取ってみたものの、プラスになることもあったので数年は継続していましたが、いつの間にか空白の数年となっていました。今ではクラブチームを立ち上げた事や血の繋がった子供が関わるようになり、もっと自分がその時代にして欲しかった事を考えておゴキ始めた事はトントン拍子に進行中です。

9月の5日間の研修から始まって、11月に専門種目の講義が4日間。座りっきりでみっちりと内容を把握する事は、直ぐに今現在のコーチングに生かされています。現にその立ち上げから2年という短いスパンで優勝という2文字をを上げてくれた事は、僕としても嬉しい成果でした。

そして、凄く出来たか不安だった日本スポーツ協会のコーチングの共通科目の試験合格通知が知らされました。ほっと、肩の荷が下りたばかり。これで落ちていたら、3月にもう一度でしたからね。この後は専門科目の自転車に合格したら晴れての、コーチ資格への第一歩となります。

この努力は生かすも殺すも自分次第ですが、過去のせっかく取れた資格のように初心に戻り続けていきたいものです。

ニューXTR

ニューXTRがシマノさんより送られて来ました!

12段になり、どうなるか?とか、まだ開封したばかりですので、見てるだけ。

クランクにはXTRの文字が無いぞ?なんでだろ?とか、不明ですが、とにかくファーストインプレッションが楽しみです。

そして、走りまくる最近でしたので、マウンテンバイクで少しマッタリと回復走がてら走って来ました。

イチドンは、帯広にて高校選抜大会が開催しています。こちらもハラハラな速報待ちでしたが、初日は3000で5位。1500が4位。んー不発かなーって言っていたら、マススタートで一発逆転の優勝。やはり、こうじゃなきゃね。同行のコーチに託す形でしたが、この勝ちはコーチングならでわの出来事です。

来月にはアメリカ遠征と、シーズンが始まりますがトレーニングとその他準備も忙しくカウントダウンです。

乗り続け

ロードバイクを出動させて、乗り込みをしています。IRCのグラベルタイヤですが、この時期特に荒れてしまったアスファルトにはモッテコイのアイテムです。スラリとしたエアロバイク系フォイルですが、ちょいワルに見えません?

と言いながらも、2日目の本日は雨に。雪予報でしたので、もしかして?が、後半1時間は寒さとの戦いでした。

家に帰ると、電卓で計算してみたり。と言うとカッコイイですが、為替の計算やスケートで遠征の準備に行く選手の計算をしたり、学校と連絡のやり取りとヘトヘトです。

慣れない事

シクロクロスが終わったら、マウンテンバイクシーズンに向けた準備、確定申告の書類整理、各企業様向けの資料作りやら慣れない事務作業を優先して、過ごしてます。

今日は少しひと段落で、水曜日のクラブ練習ぶりにマウンテンバイク乗って来ました。

近所のトレイルを走りましたが、やっぱり気持ちいいですね。気温が上がっているので、スノーライドも凍結が無くて快適でした。

しかし、最後の最後出口には残念な獣避けの柵が出来てしまいました。開閉が可能だといいなーとか思いながらも、仕方ないですね。