CJ田沢湖レースレポート

img_2134
©Noriyasu Katou
期日:2018年7月1日  場所:秋田県田沢湖スキー場
天候:晴れのち曇り 気温30度 コース状況:セミウエット

機材
バイク:SCOTT/スケールRC メインコンポーネント:シマノ/XTR・Di2
ホイール:シマノXTRブーストハブ
ハンドル、ステム、、シートポスト:タイオガ フラットカーボンバー Tボーン セプターカーボン
サドル:エルゴン/SME3PRO
グリップ:エルゴン/GE1srim Factory
サスペンション:FOX RACING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト(70psl)コンプレッション-8エアボリュームスペーサー2個(体重61kg)
タイヤ:IRCタイヤ/ミトスチューブレスレディー29×2.0(1.7bar)
ヘルメット:SCOTT/セントリックプラス/ブラックRCイエロー
サングラス:OAKLEY/FrightJacket/Lenz:PrizumTRAIL
バイクジャージ:ウエイブワン/レジェフィットスコットデザイン
ソックス:SAKO7/OFF KILTER BLACK&WHITE
シューズ:シマノ/SH−XC9・シマノブルー
チェーンオイル:フィニッシュライン/セラミックワックス&ウエットルブ

サプリメント:グリコパワープロダクション
レース前)エキストラバーナー
レース中)クエン酸&BCAA、ワンセコンドBCAA、ワンセコンドレモン
レース後)ゴールデンタイムプロテイン、プロスペックグルタミン

サプリメント:パワーバー
レース前)パワージェルショッツ・オレンジ
レース中)パワージェル/グリンアップル&バナナ
レース後)エナジャイズ/チョコ&バナナ、プロテインバー

結果:5位
前回の石川大会から約一ヶ月のインターバルを明けてのCJシリーズ、舞台は東北の秋田県田沢湖へとやってきた。調べると怪我の復帰戦で2週間の入院とリハビリしながらのトレーニングをして、(当時のレポート)からだから、ちょうど10年ぶりとなるレースだ。日本海をドライブして、やっとのことの記憶が10年もの年月が変われば道路もだいぶ楽に移動となる。通常遠方となれば、木曜日から遠征となるお決まりのスケジュールも私用があり金曜夜出発。一人旅となる今回は、前日の昼までに会場入りという640kmの遠征ミッションにしていたが、あっさりと10時には到着した。懐かしの東北レースだったが、当時からすると激減した選手に寂しさしか残らない。もっと、新しいライダーがでてくることを願うが・・・・。

雨が降ったり止んだりとして、コース状況を把握しながら、セッテイングを煮詰めていく。特にタイヤはGクローの選択はなく、泥用のスティンゴをセットしたが再び雨の可能性が低いために、ドライから多少のウエットまでカバーするミトスか?岩場と少し濡れたところを得意のミブロマラソンの2択に絞り、試走で決めることにした。懐かしく感じつつも、数々のレースがインスピレーションされていた。過去に登った記憶の林道は、ハイスピードな蛇行レーンのダウンヒルの区間となり、シングルは何度も通る田沢湖ではお馴染みのシングル。いつも走るトレイルに近い感じで楽しめるし、登坂の箇所は全て斜度がキツくて負荷がかかりやすく、辛く根性論が試されるし、ツナギの平坦路も路面を見ていないと進まないし、様々なバリエーションが集結したフラナガン氏ならでわのコースセッターにも懐かしさを感じていた。

数日続いた雨のせいでコースのシングルの一部は小川となり、バイクで走りコースの地固めも行っていたせいか更に深い溝となっている。試走では全体的に泥だったが、ギリギリ乗れる範囲のタイヤ選択がミブロマラソンという事で迷わず決定。残りはラインなどチェックしながら、コースをタイムアタックするも18分と驚くほど1周のラップタイムがかかることが判明。タフなレースになる事は目に見えて感じたが、自分が得意とするコースレイアウトだし、雨の可能性が低くなる事で楽しみが優先してこみ上げていた。

img_2082
当日の天気予報は問題なく確信して、日差しで暑くなる蒸し暑さ考慮すること。曇りならばその暑さが少し和らぐことはわかっていた。朝食を済ませて、会場へと出向く。教え子の応援とコース確認をしながら身体を動かした。会場からすぐの宿へ戻り、会場とは反対方向の田沢湖へと車でドライブ。気持ちをリラックスするためにもそれほど移動のストレスがない湖畔を眺め、時間まで景色を楽しんでいた。
img_2105
©Sumpu Photo

スタートコールこそ訳のわからない順番で呼ばれるが(UCIポイント順、シリースランキング順のため)3列目に整列して全てのライダーコールを待つ。1分前には前に詰めてスタートすることができるので、ほぼ2列目までの位置へと移動してスタートした。飛び出すとスムーズにスタートするも、反対側で大きめの落車が発生。そのお陰もあり、ゆとりあるライン取りで進むことが出来た。元チームメイトの竹之内選手がハンドルに当たって来たが、弾かれて視界から消える。メンバーが少ないとはいえ、先頭が数名しか居ないことは今日のレースがチャンスであることはわかっていた。
img_2106-1
©Sumpu Photo
ほぼ一本しかないラインながらも短い登りと下りを繰り返す初めの部分では、位置取りで混戦だがほんの一瞬に過ぎなかった。荒い呼吸の中で、硫黄の匂いが立ち込める登り区間は田沢湖らしい思い出がこみ上げていた。今回の自分のポジションを探りつつ、一桁台でハイスピードな下りの林道へと突入した。

まだまだリズムを整えられないが、石で無駄なパンクをしないように!無駄にブレーキを使わないように大きなトレースしたカーブラインを描いて先をゆく。その先の辛めな登坂でアスファルトながら足に負担は来るがぐっとこらえ集団でついて行く。
img_2114©Sumpu Photo
レースは中盤へとなると、5位のパックで進むドロワーチームの集団で進んでいた。冷静に頭の中で動いていて、身体が苦しく激しい動きをしているのに、見えている視界からはゲームでコントロールしているかの様な遠近操作の感覚だった。林の中ではここの岩のライン行ければ調子がいい!とか、このストレートライン行ける?とか自分に投げかけ成功する度に自分が有利に展開することの自身へと呼びかける。ハイスピードな林道もこのバンク行って、曲がれる?とか自分に課題を題していた。3回走り、2回同じとか、全て違うとか、レース以外にも極めようとする不思議な自分が存在した。

img_2120©Sumpu Photo
得意なシングルでは先頭で展開して、相手のミスで止まることだけは避けたい所。こちらも元チームメイト小野寺選手はミスすることはまずないが、走るリズムが違うので自分自身のリズムで走るように仕掛けていた。

img_2133
©Noriyasu Katouimg_2121
©Sumpu Photoimg_2123
©Sumpu Photo
残り2周。お互いの集中力も切れそうになるが、竹内が転倒で離脱。と同時に小野寺がペースを上げ、少し後ろに居た宮津が上がって追いつかれた。
img_2115©Sumpu Photo
しかし彼も限界。の割にこちらはまだ余裕がある。前で落車と同時に、得意のシングルで再びペースアップと同時に振り切るようにペースをあげてラスト周回。
img_2134©Noriyasu Katou

img_2113
©Hiroyuki Miyata
小野寺までは追いつくことはなかったが、前回に引き続き5位でゴール。だが、しっかりと練習が出来ていたかと言うと出来てない中で、レース運を引き寄せて取れた結果に過ぎなかった。終了後には後輪が回らないほどブレーキが擦っていたし、レースには体力面以外にも色々な要素を試されると痛感した。次の全日本選手権までつながる走りと自信を得ることが出来た!沢山の応援ありがとうございました。

 

TEAMSCOTT 松本駿

SCOTT BIKES http://scott-japan.jp
FOX RACING SHOX http://www.ridefox.jp/
SHIMANO http://www.shimano.com/

広告

CJ八幡浜レースレポート

32365362_2340128802880530_1418852608126222336_o©Sumpu Photo

期日:2018年5月13日  場所:愛媛県八幡浜市・市民スポーツパーク
天候:雨 気温20度 コース状況:ウエット

機材
バイク:SCOTT/スケールRC メインコンポーネント:シマノ/XTR・Di2
ホイール:シマノXTRブーストハブ
ハンドル、ステム、、シートポスト:タイオガ フラットカーボンバー Tボーン セプターカーボン
サドル:エルゴン/SME3PRO
グリップ:エルゴン/GE1srim Factory
サスペンション:FOX RACING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト(55psl)コンプレッション-8エアボリュームスペーサー2個(体重61kg)
タイヤ:IRCタイヤ/スティンゴ チューブレスレディー29×2.0(1.6bar)
ヘルメット:SCOTT/セントリックプラス/ブラックRCイエロー
サングラス:OAKLEY/JAWBREAKER/LenzTRAIL
バイクジャージ:ウエイブワン/レジェフィットスコットデザイン
ソックス:SAKO7/フェードトウグレーパープル
シューズ:シマノ/SH−XC9・シマノブルー
チェーンオイル:フィニッシュライン/セラミックワックス&ウエットルブ

サプリメント:グリコパワープロダクション
レース前)エキストラバーナー、ワンセコンドHCA
レース中)クエン酸&BCAA、ワンセコンドライチ
レース後)ゴールデンタイムプロテイン、ジョイントプラス、プロスペックグルタミン

サプリメント:パワーバー
レース前)パワージェルショッツコーラ&オレンジ
レース中)パワージェル/グリンアップル&バナナ
レース後)エナジャイズ/チョコ&バナナ、プロテインバー

結果:16位

img_1413
久しぶりの長距離遠征で、無理なく移動するために木曜日から移動開始。2日がかりで金曜入りして、昼に現地へと到着した。天気も良く過ごしやすい気温。前日は汗ばむまでになるが、決戦日当日はドンピシャの雨予報だった。試走も走りやすいが、雨の予想をしながらのライン取りに優先して、滑るイメージを確認。一方での山内選手が自らの選択を一新させて、チームのサポーター役としての参戦。スタートを迎えるまで、ドライ系のミブロマラソンを多く装着して準備した為に、タイヤ交換に徹してもらった(笑

天候はユースで一度雨は止み一番まとわり付く泥をミトスで出走。女子クラスの時間には普通の泥となりスティンゴでの出走。バイクのフレームクリアランスや、僕のレース状況下での最終的な材料判断ができる事は大きなメリットとなっていた。そして、難題となるタイヤ選択だ。グラウンドとアスファルト、近年のレース状況、大径ホイール化を見るとオールコンディションのミトスが無難だが、急斜面でのきっちりとしたブレーキコントロールと数カ所での激坂登坂を乗れるかで3秒から5秒。1周では15秒ものアドバンテージを考えれば、平坦が重いならまだ行けるはず。また新設の区間は泥、土からグラウンドに突入すると更に泥がまとわり付くので、その辺を踏まえればマッドのスティンゴで間違いない。また、サスペンションはエアボリュームスペーサーを2つにして、サグを25%強とネガティブ側を通常の8開放でセット。特に登り返しでのバイクの進み度合いを感じる限りでは進んでゆく感じがあったので、ここも確信の糸だった。
32603688_2340292002864210_1679967859305873408_o
©Sumpu Photo

また、チームクルーに山内が入ることで選手の送迎、ブース設営、朝からタイヤ交換、泥対策など。僕自身のレース歴長いだけの引き出しがある分だけ、ギリギリまであれこれをリクエストしてピット内は慌ただしい雰囲気に。全て彼が引き受けてくれている事で、レースに集中することが出来て、大きな即戦力になっていた。

32460885_2340114912881919_3551983922826969088_o
©Sumpu Photo

スタートはUCIコール順ということで4列目。スタートボトルから1周目ボトルを切り替えていなかったが、焦るな?という忠告に受け止めスタートを迎える。右側から一気に加速しようにも4列目となると思うようにすり抜けられず、流れの中に埋もれながらもシングルへと突入した。案の定連続のコーナーは前方選手とのリズムが違い、モドカシイ時間だ。逆にそれに惑わされないようにしたいがパスするタイミングで速くなり、中々抜くことが出来なかった。半周過ぎてアスファルト。試走と同じタイムで愕然とする。思ったほど速度が速く無くて、ロスしていたことに気がついた。ゴジラの背中では近年にない程の木の根の盛り上がりで、大径化したホイールでも手こずる事は変わらなく、前半はエスケープで通過するが前後の選手で木の根のほうが乗らないにしろ速いので乗れるまでのラインを探り、3周を終えた。
32403471_2340118192881591_7773099775863291904_o
©Sumpu Photo
ポジションは20位。ラップタイムは変わらずイーブンの16分をメーターは刻み、順調である反面攻めがない走りであることを感じる。さて、どこを攻めるか?苦しいながらもポイントで上げる区間を感じ取る。トレーン状態になりやすい前半のつづらでは、コーナーのライン取りと登り返し、新設された激下りも3本ラインを安全っぽい右から一度抜かれた右へと変えた。
32425922_2340134499546627_6104678055664418816_o
©Sumpu Photo

スリップ区間は、前半の単純に下る登り返しからのバンクのない下り、新設の激下り、竹林のスイッチバック上りとグラウンドまでの登坂の前半部で4箇所。コース後半部分は、桜坂トップとスロープからの最後の登坂、ゴジラの背中、根っこ区間の90度コーナー、スイッチバックからの急登坂、5箇所でその区間のツナギを如何にスムーズにさせるか?まるでシクロクロスのようだった。ラップタイムイーブンということは、体力が消耗してペダリングしてのスピードが上がる訳ではないので、区間のツナギが上手く出来ている証拠。途切れて疎らになる選手の間隔であるが少しづつ順位を上げることが出来、16位でフィニッシュした。

直ぐにレースがやってくるので、体を休めて回復に努めたい。
次には長野県王滝村、地元富士見、石川県一里野と続きます。
応援ありがとうございました!

TEAMSCOTT 松本駿

 

SCOTT BIKES http://scott-japan.jp
FOX RACING SHOX http://www.ridefox.jp/
SHIMANO http://www.shimano.com/
OAKLEY http://oakley.jp/
WAVE ONE http://www.wave-one.com
iPran http://www.iplan-inc.co.jp/
I-NAC http://www.nsg.gr.jp/i-nac/
SUN MERIT BIKE FIT STUDIO http://bikefit.jp
POWERPRODUCTION http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/intro.htm
POWERBAR http://www.powerbar.jp/
TERZO http://www.piaa.co.jp/category/4rin/carrier/cyclecarrier/
TOPEAK http://www.topeak.jp/
TIOGAhttp://www.tiogajpn.com
FINISHLINE http://finishline.jp/
FUJIMIPANORAMA http://www.fujimipanorama.com/summer/index.php
AIR http://www.airsleep.jp
FEEDBACKSPORTS  http://www.mizutanibike.co.jp/brand/detail.php?cd=45
SAKO7socks:http://www.cyclingwear.jp/blog/sako/

チームオフィシャルブログ:http://teamscottjapan.blogspot.jp

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN

CJ朽木レースレポート

期日:2018年5月4日  場所:滋賀県朽木スキー場
天候:曇りのち晴れ 気温20度 コース状況:ドライ

機材
バイク:SCOTT/スケールRC900 メインコンポーネント:シマノ/XTR・Di2
ホイール:シマノXTRブーストハブ
ハンドル、ステム、、シートポスト:タイオガ フラットカーボンバー Tボーン セプターカーボン
サドル:エルゴン/SME3PRO
グリップ:エルゴン/GE1srim Factory
サスペンション:FOX RACING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト(65psl)コンプレッション-8
タイヤ:IRCタイヤ/ミブロマラソンチューブレスレディー29×2.0(1.8bar)
ヘルメット:SCOTT/セントリックプラス/ブラックRCイエロー
サングラス:OAKLEY/JAWBREAKER/LenzClear
バイクジャージ:ウエイブワン/レジェフィットスコットデザイン
ソックス:SAKO7/フェードトウグレーパープル
シューズ:シマノ/SH−XC9・シマノブルー
チェーンオイル:フィニッシュライン/セラミックワックス&ウエットルブ

サプリメント:グリコパワープロダクション
レース前)エキストラバーナー、ワンセコンドHCA
レース中)クエン酸&BCAA、ワンセコンドライチ
レース後)ゴールデンタイムプロテイン、ジョイントプラス、プロスペックグルタミン

サプリメント:パワーバー
レース前)パワージェルショッツコーラ&オレンジ
レース中)パワージェル/グリンアップル&バナナ
レース後)エナジャイズ/チョコ&バナナ、プロテインバー

結果:21位

 

IMG_1328
©hiroyuki Miyata

仕上がりも上々の開幕戦を迎え、ゴールデンウイークのラッシュに揉まれながらにして遠征が始まる。前日の早朝に出発して、現地へはお昼到着。小雨が降って、コースコンディションはマッドとなり、滑りやすく新設エリアはイメージがつかない。そそくさと試走を終えて、翌日に備えた。
サポートもあり、朝イチの試走時間が終える頃に到着。コースを見る限りまだ乾いてもいなくて、風が吹いて寒い。時折突風が吹くなど、テントすらとばされそうになるが、日差しが出てくると同時に風は落ち着いて暖かくなり始めた。

2日前、そして前日からシフターの様子がおかしかった。今思えばパソコンに繋いで診断をすればすぐに解決できる問題をせずに、ひとまずのシフターとメインから来る配線のみを交換。その意味も無くて、スタートするに連れて動かなくなることが増え、スタートラインに立つ頃にはストライキを起こして止まっていた。

レースを走り出し加速する。変速するタイミングが、虚しい空振りのノッチオンで変速しなかった。ダメモトで振ったら?メインセンサーの配線をいじったら?と、まるでテレビの映りが悪いから叩くとか、昭和の光景でもあるかのごとく悪あがきをするもまるで駄目。こんな時に限って調子が良くて、気がつけば2位まで昇り詰めて第一シングルに突入した。流石に蛇行しながらライダーに抜かれていった。それでも、山頂では8位でまだまだ行ける。ところが下りでは軽すぎるギアがリズムを取れず、スイッチバックに入りはじめで柔らかい路面にハンドルを取られて落車。一気に集中力がきれてしまい、オマケにサイコンを落としてしまったので探していると思った以上に探せなくて、最終走者として再スタートしていた。
IMG_1301
©Satoru kuchiki

下り始めての予想以上に柔らかい路面に、サスセッテイングまでもが狂っていた。もっと硬いであろうと予測したが柔らかくて、滑りやすい路面。思えば、この間違ったセッテイングで転倒を招い方かと思うと自分が腹立たしかった。

しばらくレースはそのまま進むが、改善策は思い浮かばない。しかし、電気のきっかけさえあれば起動するだろう。と、予備に準備したバッテリーとコードを3周目のフィードで解消。動き始めたシフターは、僕の身体も飛び上がるほど加速し始めて走り出した。
IMG_1333
©Sumpu Photo

時折雨が降り出して、嫌な予感をさせるが一瞬の通り雨で終わり、再び晴れ間が顔を覗かせる。先程まで行ったり来たりした選手を抜き去り、30位から20位前半へ。追走しまくった!外野から来る情報では残り僅かな完走率だと伺える。極力ペースを上げれるだけあげて、微妙なカウントダウンでもある。

IMG_1335
©Sumpu Photo

最後かもしれないボトルを受け取って、ペースを刻む。20位以内まで選手が連なり見えているが、時間が無くなりタイムアウトでフィニッシュとなった。

残念な結果となったが、楽しみは次戦へと持ち越す運びとなった。久々のいい仕上がりと、機材運いや勝負運をつなぎ合わせて走りたい。直ぐに愛媛県八幡浜、長野県王滝村、地元富士見、石川県一里野と続きます。

応援ありがとうございました。

TEAMSCOTT 松本駿

 

SCOTT BIKES http://scott-japan.jp

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN

東京CXレースレポート

27798336_1613394645407610_4657151373075449393_o
©FABtroni+camera

期日:2018年2月11日 会場:東京都お台場海浜公園

天候:晴れ 気温15度 コース状況:ドライ

機材

メインコンポーネント:SHIMANO/Di2

ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros

タイヤ:(F)IRC Serac  EDGE CX  TUBELESS  700x 32C(2.0BAR)(R)IRC SRAC SAND CX TUBELESS 700x32C(2,0bar)

サングラス:OAKLEY /JAWBREAKER

レース結果13位

前回の愛知牧場より1ヶ月のインターバルを開けて参戦の東京シクロクロス大会。大いに盛り上がる大会で観衆だけで1000規模。当然出るだけの価値はあるけど、MTBシーズンを見据えたオフトレーニングも進行している。一度良い流れで進んでいたトレーニングも2週間ほどまともな練習がとれなかったり、トーンダウンしてトドメに落車までも2日めにメイク。ここまで来ると疲れと参戦まで気分が優れなかったが、それはそれのやり方と進め方を進行させて参戦を決意。GRMのクラブ員の健闘する姿や、都内からのアクセスの良さで会場では沢山の方々とお話やお会いすることができ、それだけでも会場へとやって来た意味があったと実感した。
28061718_1613390525408022_7956667155724926049_o
©FABtroni+camera

さて、話はどうでも良い話になってしまったが、日帰りというだけでも2時間というアクセスの良さで9時には会場へと到着して、颯爽と準備をすすめる。シンプルにバイクとポータブルトレーナーとトピークのトレイルバックに着替えを持ち、スネルチームと合流。IRCで準備を進めて、ミズタニブースでローラーで身体を動かし始める。
fukuoujiituki2018JCXtokyo1©Itsuki Fukuouji

バイクセッティングは、フロントタイヤに疲労して乱暴なコントロールでも安心できるよう新型のシラクエッジ。リアはなるべく抵抗にならないサンドをチョイス。ウエアーは地元との気温差が20度も差があるために、裏起毛のCXワンピでは脱水症状になりかねない。試走で暑さを感じたので、通常の薄いジャージに。その他は、通常のシクロクロスレース仕様でスタートを迎えた。

UCIポイント順という事で、JCXランキングが8位にも関わらず、スタートは19人目コールで3列目。オマケに整列すると地味に左側2番目なのに左側フェンスが飛び出ているという始末・・・。スローテンポでスタートするしかなかった。

28070823_1613395092074232_5325581099041318014_o
©FABtroni+camera

するりと抜け、砂場手前のコーナーで密集。ぶつかり合いながらも、少しづつペースを上げた。まだまだサンドセクションのレーンも出来ていないので走りづらい。
27798336_1613394645407610_4657151373075449393_o©FABtroni+camera

順位をそれ程上げること無く淡々と周回を重ねている。何だか体のキレも悪く、進む感じがない。コンデショニング失敗なのか?通常の慣れた気温差が20度のも違うので、体が驚いているのか?はたまた・・・。

27797835_1613398412073900_41393649831710950_o27797607_1613398728740535_8178600180188201337_o27788120_1613398732073868_1269136365500114593_o
©FABtroni+camera

そんなネガティブな考えは単にレースには必要ない。如何にスムーズに行くか?失速している箇所はないかを少ししづつタイムアップさせて進ませる。

motohiroyoshida2018JCXtokyo3
©motohiro yoshida

マウンテンバイク会場でおなじみの顔ぶれも、アルコールを浴びれば外人ばりのハイテンションで絡んでくる。写真ではまだ前半の数名が、周回を重ねるに連れてビックウエーブの応援団となり後追してしてくれた。走る方も応援する方も勝手に騒ぐ!これが最高に楽しい瞬間だ。

ryouheiwadaJCXtokyo20181
©Ryouhei Wadamotohiroyoshida2018JCXtokyo1
©Motohiro Yoshidamotohiroyishida2018JCXtokyo2
©Motohiro Yoshida
次第に砂のラインも出来はじめ、走りやすさもありスピードが上がってくる。波際もギリギリのラインが走りやすくなり一気に順位を上げてゆく。

27993265_1613395098740898_8253825393204309327_o
©FABtroni+camera27788061_1613395292074212_4962490834921672420_o
©FABtroni+camera27797847_1613394265407648_5244304532761474910_o
©FABtroni+camera

下り気味のミズタニセクションもコーナーで失速。ゆっくりなら行けるけどスピードが無いためにスグに飛び降りランニングに切り替えた。

28161614_1613398518740556_2443571520379693168_o
©FABtroni+camera27907789_1613398402073901_7733428354656476509_o
©FABtroni+camera27788576_1613399722073769_7629305512334641897_o
©FABtroni+camera28071104_1613399728740435_5436460371231587875_o
©FABtroni+camera27798207_1613399725407102_7986782237879791902_o
©FABtroni+camera27797582_1613399328740475_2049370983258319271_o
©FABtroni+camera
森のセクションでは、ほぼグリップ走行が可能だが木の根がサンドセクション用に下げたタイヤ圧がリム打ちを誘う。数回コツコツと当ててしまうが、ライン優先にタイミングを合わせて当てないように丁寧に走る。

ついに先頭に追いつかれてしまい、邪魔にならないように避けるがスグに追いかけるようにペースを上げて、ラップタイムを上げる。16位から14位へ。13位と12位の背中も見えるが、後ろからやって来るトップ選手達もまだやってくる。

結果13位で入り混じりながら、ハイタッチしながらゴール。ゴール後にブレーキがすっていることにショックを受ける・・・・。それ程慌てていた初歩的なミス!自分が調子悪過ぎただけじゃないと安堵もあった。
沢山の応援、サポート、ありがとうございました。

チームスコット 松本駿

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN