宇都宮シクロクロスリポート

48375606_2004840549596349_8680645254774259712_o
©FABtroni+camera

期日:2018年12月15-16日 会場:栃木県宇都宮市道の駅うつのみや ろまんちっく村

天候:晴れのち曇り 気温3度 コース状況:ドライ

機材

バイク:SCOTT/アディクトCX10

メインコンポーネント:SHIMANO/DuraaceDi2

ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros

タイヤ:

初日IRCTIRESRAC EDGE70032タイヤ(2bar)

2日目IRCtire sac cx 700x32c(1.6bar)

ホイール
シマノ・デュラエースWH-R9170-C40

ヘルメット:スコット/ケイデンスプラス

サングラス:OAKLEY/FLIGHTJACKET:OAKLEY /JAWBREAKER

全日本明けの2日間のレース。UCIポイントを1ポイントでも稼ぎ出したいところだがそう簡単ではない事はわかっていた。また、3連戦の締めくくりであり国内レースでも盛り上がる大会なのでベストリザルトを叩き出したいところだった。しかしながら、レースパフォーマンスは下降気味。大会の調整は休養日を多くとりる事を最優先にした。レース感だけ研ぎ澄まされていて、スプリントと持久力は平行線。ともかく試走で良い感覚で走る事を目的でチェックして、ローラーメインに念入りな調整する事に心がけて、土曜の早朝に現地入りした。

48382378_2515560178670724_1731119588361371648_o
©Sumpu Photo
会場のレイアウトも2年ぶりに参戦すると、細かいところが変わっていた。観客の導線なるところも凄くよく考えられている。選手は近くの会場で、観客は遠い駐車場ながらもシャトルバスがあるので困らない。メイン会場はフードコートがあって、出展者のブースもあり、コースもシケイン、砂場、立体交差でゴールエリアと移動距離が少ない配慮は盛り上がるイベントのいちばん大事なことなのだ。そして、少し足を伸ばせばTKCマウンテンと呼ばれる3段の登りとスタートループが見え、もう少し足を伸ばせばテクニカルなエリアのチャンピオンシステムキャンバーやジャンプが見れるなど盛り込まれている。
48357108_2515150838711658_8973180352092700672_o
©Sumpu Photo

今回は嬉しいくらいに写真が多かったので、写真を多めに盛り込んでリポートします。

<DAY1>

早朝移動で寝不足気味ではあるものの、レースへの闘争心はかなり感触がいい。風は冷たいけれど、日差しもあって天気も良い。ベースのテントエリアは斜めのスペースしかないのが残念だったが、仕方ない。会場は実走行スペースがあまりなくて、ローラーをメインに調整。それでも、試走時間は十分にあるので織り交ぜてじっくりとスタートまでを過ごした。
48403699_2001235176623553_5480326433735704576_o
©FABtroni+camera

コースは埃りを巻き上げるほどのコンディションへと変化し、部分的に数カ所滑るラインが存在したが、タイヤはドライ用のシラクエッジに。JCXシリーズでない初日は、出走も少なくて2列目コールに。
48224002_2001238583289879_2330933117235232768_o©FABtroni+camera

メンバーも現フランスチャンピオンのシャネル選手、U23で世界選手権2位を取ったことのあるスペインのフィリッポ選手、オーストラリアからと海外招待選手も顔を連ねる。2列目から一気に加速するも、いつも以上のハイスピードで進み縦一列に。スプリントしながら位置取りを確保しようにも連続するコーナーから立ち上がりの加速。サンドセクションで少しだけ順位を上げてTKCマウンテンへと進んだ。
48416159_336900366902128_6537542323092324352_n
©cyclowired

スタートループは20位通過した。混戦の時は前が詰まるので、踏み倒し登っていきたいが、止まったことを考え押しでクリアして進む。
48369080_2515147525378656_3625359998810324992_o
©Sumpu Photo
中盤には4人ほどで集団パックが形成されると15位前後でレースを走る。3段の土手の激坂登坂でスリップしないように気にしながらも、次の平坦でもがき倒し。マウンテンバイクのトップシーズンをチラつかせた。競り合う展開にワクワクしながら、コマを進めた。
48403466_2001242196622851_6633636864811073536_o©FABtroni+camera

なんとかこらえて揺さぶりをかけられながら、集団から離される。その後はもう一度振り絞り、再び追いつき始めた。

48373040_2001243526622718_4479553509934497792_o
©FABtroni+camera

スリップしやすい路面へと変わり、集中力を奪われそうになるが、前走者のスリップダウンを逆手にジャンプアップ。最終的に14位まで上がると最終完走者でゴールした。

48374978_2001247903288947_5370705515288461312_o
©FABtroni+camera
試走で木の根のリム打ちが気になったので、タイヤを少し圧を高めにした事でグリップを失い、路面の突き上げも激しく腰のダメージが失敗だったので、翌日の教訓にした。

<DAY2>

48398504_2515559435337465_7379281747613057024_o
©Sumpu Photo

初日に比較すると、かなりの冷え込みで霜が降りた。コースも一変して、芝生が剥がされた土のコーナーは霜が溶けてと殆どが泥へと変化。全く同じコースレイアウトなのに、今日はテクニカルと変わる。太陽の日差しもなく、気温も低いまま。コースは乾くことなくそのままレース時間になると判断し、タイヤもオールコンディションタイヤへ変えた。
48388978_2515275208699221_5349511956216676352_o©Sumpu Photo

念入りなアップ後は、3列目のスタートで集中した。昨日の疲れの影響もなくスプリントのかかりもいい感じでレースは始まる。
48394306_2004841416262929_4407076606829395968_o
©FABtroni+camera
慎重に掻い潜りながらも、昨日よりもいいポジションでレースが始まった。コーナーを繰り返し、サンドセクションを過ぎると激登り。前走車の様子を見ながら前に差し込む。

48357749_1424808297655860_1758686956209831936_o
©Hiroyuki Miyata
TKCマウンテンのv字セクションを無難にこなす。
48398803_1951289871623165_7692886635930714112_o
©Kazutaka Inoue
呼吸を整え一気に登る。ここは、乾いていて昨日とほぼコンデイションだが、オールコンディションタイヤが正解だった。昨日よりも楽に登れ、アドバンテージを稼いだ。中盤戦は15位となかなかの好位置に。

48393293_2004841559596248_3959247152923803648_o
©FABtroni+camera
混戦を強いられる中で、相手のリズムを伺っていた。

48374093_1951284518290367_3752547878959054848_o
©Kazutaka Inoue
数回の折返しとスピードが上がればジャンプでクリアセクションとなる。もっと勢いがあれば飛び切ることができるのか?とか考えながらギャラリーの声援でテンションは上がる!

48393558_2004844026262668_2429024561048584192_o
©FABtroni+camera
接戦から落車やメカトルになる失速した選手をかわして、狙うシングルリザルトも目前の12位へ。気持ちも高ぶって、この後ハイタッチをして更にテンションは更に高ぶった。
48379837_2004844896262581_8784418923140349952_o
©FABtroni+camera
残り2周だが、順位が入れ替わりながらも12位に。と同時に先頭はかなりのハイスピードであったために80%タイムもギリギリな展開に。油断はならない。ピットからの情報では既に後続が足切りとなり、ペースを少しでも上げないと完走が危ぶまれた。

48393050_2515279785365430_2683371008194248704_o
©Sumpu Photo
最期の大接戦と同時に足切りが迫っている。おまけに足が攣りそうになって、ヤバイのでランに切り替えて登る。サーどうなるか?とにかくスピードを上げ、ピットを一回目通過。ほんとギリギリだ!ワンミスを許されない状況だが、慎重にレースを進めた。さて、どうか?メインエリアへと立体交差、シケインとピットを通過し、立ち上がりの加速と同時に審判の赤い服とイエローフラッグがコースに歩いてくるのが見えた。アウトだった。しかも、3秒ほど・・・。悔しいが、来年へと持ち越しとなってしまった。

2日間のステージはとても楽しめて走る事ができた。サポートに徹してくれたスネルのスタッフを始め、会場で多くの声援で走ることができました。今シーズンもありががとうございました。

チームスコット 松本駿

大会関連リザルト:
DAY1 https://data.cyclocross.jp/race/7026
DAY2 https://data.cyclocross.jp/race/7034

SHIMANO http://www.shimano.com/
OAKLEY http://oakley.jp/
WAVE ONE http://www.wave-one.com
I-NAC http://www.nsg.gr.jp/i-nac/
SUN MERIT BIKE FIT STUDIO http://bikefit.jp
POWERPRODUCTION http://www.glico.co.jp/info/pwr_pro/intro.htm
POWERBAR http://www.powerbar.jp/
TERZO http://www.piaa.co.jp/category/4rin/carrier/cyclecarrier/
TOPEAK http://www.topeak.jp/
FINISHLINE http://finishline.jp/
FUJIMIPANORAMA http://www.fujimipanorama.com/summer/index.php
AIR http://www.airsleep.jp 
FEEDBACKSPORTS  http://www.mizutanibike.co.jp/brand/detail.php?cd=45
bikeshopSNEL:http://www.bikeshop-snel.com
保険のアイプランhttp://www.iplan-inc.co.jp/main/iPlan.html

sako7socks:https://store.cyclingwear.jp/?mode=cate&cbid=2237929&csid=0

チームオフィシャルブログ:http://teamscottjapan.blogspot.jp

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中