CJ田沢湖レースレポート

img_2134
©Noriyasu Katou
期日:2018年7月1日  場所:秋田県田沢湖スキー場
天候:晴れのち曇り 気温30度 コース状況:セミウエット

機材
バイク:SCOTT/スケールRC メインコンポーネント:シマノ/XTR・Di2
ホイール:シマノXTRブーストハブ
ハンドル、ステム、、シートポスト:タイオガ フラットカーボンバー Tボーン セプターカーボン
サドル:エルゴン/SME3PRO
グリップ:エルゴン/GE1srim Factory
サスペンション:FOX RACING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト(70psl)コンプレッション-8エアボリュームスペーサー2個(体重61kg)
タイヤ:IRCタイヤ/ミトスチューブレスレディー29×2.0(1.7bar)
ヘルメット:SCOTT/セントリックプラス/ブラックRCイエロー
サングラス:OAKLEY/FrightJacket/Lenz:PrizumTRAIL
バイクジャージ:ウエイブワン/レジェフィットスコットデザイン
ソックス:SAKO7/OFF KILTER BLACK&WHITE
シューズ:シマノ/SH−XC9・シマノブルー
チェーンオイル:フィニッシュライン/セラミックワックス&ウエットルブ

サプリメント:グリコパワープロダクション
レース前)エキストラバーナー
レース中)クエン酸&BCAA、ワンセコンドBCAA、ワンセコンドレモン
レース後)ゴールデンタイムプロテイン、プロスペックグルタミン

サプリメント:パワーバー
レース前)パワージェルショッツ・オレンジ
レース中)パワージェル/グリンアップル&バナナ
レース後)エナジャイズ/チョコ&バナナ、プロテインバー

結果:5位
前回の石川大会から約一ヶ月のインターバルを明けてのCJシリーズ、舞台は東北の秋田県田沢湖へとやってきた。調べると怪我の復帰戦で2週間の入院とリハビリしながらのトレーニングをして、(当時のレポート)からだから、ちょうど10年ぶりとなるレースだ。日本海をドライブして、やっとのことの記憶が10年もの年月が変われば道路もだいぶ楽に移動となる。通常遠方となれば、木曜日から遠征となるお決まりのスケジュールも私用があり金曜夜出発。一人旅となる今回は、前日の昼までに会場入りという640kmの遠征ミッションにしていたが、あっさりと10時には到着した。懐かしの東北レースだったが、当時からすると激減した選手に寂しさしか残らない。もっと、新しいライダーがでてくることを願うが・・・・。

雨が降ったり止んだりとして、コース状況を把握しながら、セッテイングを煮詰めていく。特にタイヤはGクローの選択はなく、泥用のスティンゴをセットしたが再び雨の可能性が低いために、ドライから多少のウエットまでカバーするミトスか?岩場と少し濡れたところを得意のミブロマラソンの2択に絞り、試走で決めることにした。懐かしく感じつつも、数々のレースがインスピレーションされていた。過去に登った記憶の林道は、ハイスピードな蛇行レーンのダウンヒルの区間となり、シングルは何度も通る田沢湖ではお馴染みのシングル。いつも走るトレイルに近い感じで楽しめるし、登坂の箇所は全て斜度がキツくて負荷がかかりやすく、辛く根性論が試されるし、ツナギの平坦路も路面を見ていないと進まないし、様々なバリエーションが集結したフラナガン氏ならでわのコースセッターにも懐かしさを感じていた。

数日続いた雨のせいでコースのシングルの一部は小川となり、バイクで走りコースの地固めも行っていたせいか更に深い溝となっている。試走では全体的に泥だったが、ギリギリ乗れる範囲のタイヤ選択がミブロマラソンという事で迷わず決定。残りはラインなどチェックしながら、コースをタイムアタックするも18分と驚くほど1周のラップタイムがかかることが判明。タフなレースになる事は目に見えて感じたが、自分が得意とするコースレイアウトだし、雨の可能性が低くなる事で楽しみが優先してこみ上げていた。

img_2082
当日の天気予報は問題なく確信して、日差しで暑くなる蒸し暑さ考慮すること。曇りならばその暑さが少し和らぐことはわかっていた。朝食を済ませて、会場へと出向く。教え子の応援とコース確認をしながら身体を動かした。会場からすぐの宿へ戻り、会場とは反対方向の田沢湖へと車でドライブ。気持ちをリラックスするためにもそれほど移動のストレスがない湖畔を眺め、時間まで景色を楽しんでいた。
img_2105
©Sumpu Photo

スタートコールこそ訳のわからない順番で呼ばれるが(UCIポイント順、シリースランキング順のため)3列目に整列して全てのライダーコールを待つ。1分前には前に詰めてスタートすることができるので、ほぼ2列目までの位置へと移動してスタートした。飛び出すとスムーズにスタートするも、反対側で大きめの落車が発生。そのお陰もあり、ゆとりあるライン取りで進むことが出来た。元チームメイトの竹之内選手がハンドルに当たって来たが、弾かれて視界から消える。メンバーが少ないとはいえ、先頭が数名しか居ないことは今日のレースがチャンスであることはわかっていた。
img_2106-1
©Sumpu Photo
ほぼ一本しかないラインながらも短い登りと下りを繰り返す初めの部分では、位置取りで混戦だがほんの一瞬に過ぎなかった。荒い呼吸の中で、硫黄の匂いが立ち込める登り区間は田沢湖らしい思い出がこみ上げていた。今回の自分のポジションを探りつつ、一桁台でハイスピードな下りの林道へと突入した。

まだまだリズムを整えられないが、石で無駄なパンクをしないように!無駄にブレーキを使わないように大きなトレースしたカーブラインを描いて先をゆく。その先の辛めな登坂でアスファルトながら足に負担は来るがぐっとこらえ集団でついて行く。
img_2114©Sumpu Photo
レースは中盤へとなると、5位のパックで進むドロワーチームの集団で進んでいた。冷静に頭の中で動いていて、身体が苦しく激しい動きをしているのに、見えている視界からはゲームでコントロールしているかの様な遠近操作の感覚だった。林の中ではここの岩のライン行ければ調子がいい!とか、このストレートライン行ける?とか自分に投げかけ成功する度に自分が有利に展開することの自身へと呼びかける。ハイスピードな林道もこのバンク行って、曲がれる?とか自分に課題を題していた。3回走り、2回同じとか、全て違うとか、レース以外にも極めようとする不思議な自分が存在した。

img_2120©Sumpu Photo
得意なシングルでは先頭で展開して、相手のミスで止まることだけは避けたい所。こちらも元チームメイト小野寺選手はミスすることはまずないが、走るリズムが違うので自分自身のリズムで走るように仕掛けていた。

img_2133
©Noriyasu Katouimg_2121
©Sumpu Photoimg_2123
©Sumpu Photo
残り2周。お互いの集中力も切れそうになるが、竹内が転倒で離脱。と同時に小野寺がペースを上げ、少し後ろに居た宮津が上がって追いつかれた。
img_2115©Sumpu Photo
しかし彼も限界。の割にこちらはまだ余裕がある。前で落車と同時に、得意のシングルで再びペースアップと同時に振り切るようにペースをあげてラスト周回。
img_2134©Noriyasu Katou

img_2113
©Hiroyuki Miyata
小野寺までは追いつくことはなかったが、前回に引き続き5位でゴール。だが、しっかりと練習が出来ていたかと言うと出来てない中で、レース運を引き寄せて取れた結果に過ぎなかった。終了後には後輪が回らないほどブレーキが擦っていたし、レースには体力面以外にも色々な要素を試されると痛感した。次の全日本選手権までつながる走りと自信を得ることが出来た!沢山の応援ありがとうございました。

 

TEAMSCOTT 松本駿

SCOTT BIKES http://scott-japan.jp
FOX RACING SHOX http://www.ridefox.jp/
SHIMANO http://www.shimano.com/

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中