CJ朽木レースレポート

期日:2018年5月4日  場所:滋賀県朽木スキー場
天候:曇りのち晴れ 気温20度 コース状況:ドライ

機材
バイク:SCOTT/スケールRC900 メインコンポーネント:シマノ/XTR・Di2
ホイール:シマノXTRブーストハブ
ハンドル、ステム、、シートポスト:タイオガ フラットカーボンバー Tボーン セプターカーボン
サドル:エルゴン/SME3PRO
グリップ:エルゴン/GE1srim Factory
サスペンション:FOX RACING SHOX/(F)32ステップキャストファクトリー29/100mmブースト(65psl)コンプレッション-8
タイヤ:IRCタイヤ/ミブロマラソンチューブレスレディー29×2.0(1.8bar)
ヘルメット:SCOTT/セントリックプラス/ブラックRCイエロー
サングラス:OAKLEY/JAWBREAKER/LenzClear
バイクジャージ:ウエイブワン/レジェフィットスコットデザイン
ソックス:SAKO7/フェードトウグレーパープル
シューズ:シマノ/SH−XC9・シマノブルー
チェーンオイル:フィニッシュライン/セラミックワックス&ウエットルブ

サプリメント:グリコパワープロダクション
レース前)エキストラバーナー、ワンセコンドHCA
レース中)クエン酸&BCAA、ワンセコンドライチ
レース後)ゴールデンタイムプロテイン、ジョイントプラス、プロスペックグルタミン

サプリメント:パワーバー
レース前)パワージェルショッツコーラ&オレンジ
レース中)パワージェル/グリンアップル&バナナ
レース後)エナジャイズ/チョコ&バナナ、プロテインバー

結果:21位

 

IMG_1328
©hiroyuki Miyata

仕上がりも上々の開幕戦を迎え、ゴールデンウイークのラッシュに揉まれながらにして遠征が始まる。前日の早朝に出発して、現地へはお昼到着。小雨が降って、コースコンディションはマッドとなり、滑りやすく新設エリアはイメージがつかない。そそくさと試走を終えて、翌日に備えた。
サポートもあり、朝イチの試走時間が終える頃に到着。コースを見る限りまだ乾いてもいなくて、風が吹いて寒い。時折突風が吹くなど、テントすらとばされそうになるが、日差しが出てくると同時に風は落ち着いて暖かくなり始めた。

2日前、そして前日からシフターの様子がおかしかった。今思えばパソコンに繋いで診断をすればすぐに解決できる問題をせずに、ひとまずのシフターとメインから来る配線のみを交換。その意味も無くて、スタートするに連れて動かなくなることが増え、スタートラインに立つ頃にはストライキを起こして止まっていた。

レースを走り出し加速する。変速するタイミングが、虚しい空振りのノッチオンで変速しなかった。ダメモトで振ったら?メインセンサーの配線をいじったら?と、まるでテレビの映りが悪いから叩くとか、昭和の光景でもあるかのごとく悪あがきをするもまるで駄目。こんな時に限って調子が良くて、気がつけば2位まで昇り詰めて第一シングルに突入した。流石に蛇行しながらライダーに抜かれていった。それでも、山頂では8位でまだまだ行ける。ところが下りでは軽すぎるギアがリズムを取れず、スイッチバックに入りはじめで柔らかい路面にハンドルを取られて落車。一気に集中力がきれてしまい、オマケにサイコンを落としてしまったので探していると思った以上に探せなくて、最終走者として再スタートしていた。
IMG_1301
©Satoru kuchiki

下り始めての予想以上に柔らかい路面に、サスセッテイングまでもが狂っていた。もっと硬いであろうと予測したが柔らかくて、滑りやすい路面。思えば、この間違ったセッテイングで転倒を招い方かと思うと自分が腹立たしかった。

しばらくレースはそのまま進むが、改善策は思い浮かばない。しかし、電気のきっかけさえあれば起動するだろう。と、予備に準備したバッテリーとコードを3周目のフィードで解消。動き始めたシフターは、僕の身体も飛び上がるほど加速し始めて走り出した。
IMG_1333
©Sumpu Photo

時折雨が降り出して、嫌な予感をさせるが一瞬の通り雨で終わり、再び晴れ間が顔を覗かせる。先程まで行ったり来たりした選手を抜き去り、30位から20位前半へ。追走しまくった!外野から来る情報では残り僅かな完走率だと伺える。極力ペースを上げれるだけあげて、微妙なカウントダウンでもある。

IMG_1335
©Sumpu Photo

最後かもしれないボトルを受け取って、ペースを刻む。20位以内まで選手が連なり見えているが、時間が無くなりタイムアウトでフィニッシュとなった。

残念な結果となったが、楽しみは次戦へと持ち越す運びとなった。久々のいい仕上がりと、機材運いや勝負運をつなぎ合わせて走りたい。直ぐに愛媛県八幡浜、長野県王滝村、地元富士見、石川県一里野と続きます。

応援ありがとうございました。

TEAMSCOTT 松本駿

 

SCOTT BIKES http://scott-japan.jp

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中