東京CXレースレポート

27798336_1613394645407610_4657151373075449393_o
©FABtroni+camera

期日:2018年2月11日 会場:東京都お台場海浜公園

天候:晴れ 気温15度 コース状況:ドライ

機材

メインコンポーネント:SHIMANO/Di2

ハンドル、ステム、サドル、シートポスト:Syncros

タイヤ:(F)IRC Serac  EDGE CX  TUBELESS  700x 32C(2.0BAR)(R)IRC SRAC SAND CX TUBELESS 700x32C(2,0bar)

サングラス:OAKLEY /JAWBREAKER

レース結果13位

前回の愛知牧場より1ヶ月のインターバルを開けて参戦の東京シクロクロス大会。大いに盛り上がる大会で観衆だけで1000規模。当然出るだけの価値はあるけど、MTBシーズンを見据えたオフトレーニングも進行している。一度良い流れで進んでいたトレーニングも2週間ほどまともな練習がとれなかったり、トーンダウンしてトドメに落車までも2日めにメイク。ここまで来ると疲れと参戦まで気分が優れなかったが、それはそれのやり方と進め方を進行させて参戦を決意。GRMのクラブ員の健闘する姿や、都内からのアクセスの良さで会場では沢山の方々とお話やお会いすることができ、それだけでも会場へとやって来た意味があったと実感した。
28061718_1613390525408022_7956667155724926049_o
©FABtroni+camera

さて、話はどうでも良い話になってしまったが、日帰りというだけでも2時間というアクセスの良さで9時には会場へと到着して、颯爽と準備をすすめる。シンプルにバイクとポータブルトレーナーとトピークのトレイルバックに着替えを持ち、スネルチームと合流。IRCで準備を進めて、ミズタニブースでローラーで身体を動かし始める。
fukuoujiituki2018JCXtokyo1©Itsuki Fukuouji

バイクセッティングは、フロントタイヤに疲労して乱暴なコントロールでも安心できるよう新型のシラクエッジ。リアはなるべく抵抗にならないサンドをチョイス。ウエアーは地元との気温差が20度も差があるために、裏起毛のCXワンピでは脱水症状になりかねない。試走で暑さを感じたので、通常の薄いジャージに。その他は、通常のシクロクロスレース仕様でスタートを迎えた。

UCIポイント順という事で、JCXランキングが8位にも関わらず、スタートは19人目コールで3列目。オマケに整列すると地味に左側2番目なのに左側フェンスが飛び出ているという始末・・・。スローテンポでスタートするしかなかった。

28070823_1613395092074232_5325581099041318014_o
©FABtroni+camera

するりと抜け、砂場手前のコーナーで密集。ぶつかり合いながらも、少しづつペースを上げた。まだまだサンドセクションのレーンも出来ていないので走りづらい。
27798336_1613394645407610_4657151373075449393_o©FABtroni+camera

順位をそれ程上げること無く淡々と周回を重ねている。何だか体のキレも悪く、進む感じがない。コンデショニング失敗なのか?通常の慣れた気温差が20度のも違うので、体が驚いているのか?はたまた・・・。

27797835_1613398412073900_41393649831710950_o27797607_1613398728740535_8178600180188201337_o27788120_1613398732073868_1269136365500114593_o
©FABtroni+camera

そんなネガティブな考えは単にレースには必要ない。如何にスムーズに行くか?失速している箇所はないかを少ししづつタイムアップさせて進ませる。

motohiroyoshida2018JCXtokyo3
©motohiro yoshida

マウンテンバイク会場でおなじみの顔ぶれも、アルコールを浴びれば外人ばりのハイテンションで絡んでくる。写真ではまだ前半の数名が、周回を重ねるに連れてビックウエーブの応援団となり後追してしてくれた。走る方も応援する方も勝手に騒ぐ!これが最高に楽しい瞬間だ。

ryouheiwadaJCXtokyo20181
©Ryouhei Wadamotohiroyoshida2018JCXtokyo1
©Motohiro Yoshidamotohiroyishida2018JCXtokyo2
©Motohiro Yoshida
次第に砂のラインも出来はじめ、走りやすさもありスピードが上がってくる。波際もギリギリのラインが走りやすくなり一気に順位を上げてゆく。

27993265_1613395098740898_8253825393204309327_o
©FABtroni+camera27788061_1613395292074212_4962490834921672420_o
©FABtroni+camera27797847_1613394265407648_5244304532761474910_o
©FABtroni+camera

下り気味のミズタニセクションもコーナーで失速。ゆっくりなら行けるけどスピードが無いためにスグに飛び降りランニングに切り替えた。

28161614_1613398518740556_2443571520379693168_o
©FABtroni+camera27907789_1613398402073901_7733428354656476509_o
©FABtroni+camera27788576_1613399722073769_7629305512334641897_o
©FABtroni+camera28071104_1613399728740435_5436460371231587875_o
©FABtroni+camera27798207_1613399725407102_7986782237879791902_o
©FABtroni+camera27797582_1613399328740475_2049370983258319271_o
©FABtroni+camera
森のセクションでは、ほぼグリップ走行が可能だが木の根がサンドセクション用に下げたタイヤ圧がリム打ちを誘う。数回コツコツと当ててしまうが、ライン優先にタイミングを合わせて当てないように丁寧に走る。

ついに先頭に追いつかれてしまい、邪魔にならないように避けるがスグに追いかけるようにペースを上げて、ラップタイムを上げる。16位から14位へ。13位と12位の背中も見えるが、後ろからやって来るトップ選手達もまだやってくる。

結果13位で入り混じりながら、ハイタッチしながらゴール。ゴール後にブレーキがすっていることにショックを受ける・・・・。それ程慌てていた初歩的なミス!自分が調子悪過ぎただけじゃないと安堵もあった。
沢山の応援、サポート、ありがとうございました。

チームスコット 松本駿

Facebookファンページ:TEAM SCOTT JAPAN

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中